髪の毛を紫外線のダメージから守ろう!

紫外線は髪の毛の大敵

小麦色の肌は健康的なイメージで、男性にも憧れが多いと思います。
しかし、日に焼く時も髪には細心の注意を払いましょう。

 

紫外線を浴びる時間が長いのは、海水浴に行った時などです。
特に海の塩分は、それだけでも髪にはダメージ大なのできちんとしたケアが必要です。
また室内プールであっても、プールに入っている塩素剤も髪を傷つける要因です。
たっぷり遊んだ日こそ、正しいケアで一日を締めくくりましょう。

 

 

紫外線の髪へのダメージ

・髪や頭皮が日に焼けると乾燥する
・髪の毛のツヤ「キューティクル」を壊す
・髪の毛のメラニン色素を壊す
・髪の毛のパサつきやゴワつきの原因に

 

そのまま放っておくと髪の毛はバサバサ・ボサボサになり、症状がヒドイと抜け毛の原因にもなります

 

紫外線を浴びる前に帽子をかぶって紫外線をシャットアウトしたり、
UVカットクリームを頭皮に塗ったりしっかり対策しましょう。

 

もし紫外線を浴びてしまったらトリートメントで対処します。
洗髪後、髪をよく拭きます。水分を拭き取ったらトリートメントを指先でよく揉みこみます。
このとき頭皮を傷つけないようにしましょう。
トリートメントをした髪を蒸しタオルで包むとさらに効果がアップします。
市販されているトリートメントでも「紫外線吸収成分配合」のものを選びましょう。
浴びてしまった紫外線を洗い流してくれます。