自分の髪に合った成分を見つけよう

知っておきたいシャンプーの成分

ドラッグストアだけでも本当に数多くのシャンプー剤があります。
毎日使うものですから、当然需要が高く、それぞれのメーカーがシェア争いを繰り広げているでしょう。
ただ、消費者側からすれば広告やパッケージだけでは、そのシャンプーが自分に合っているのかどうか
は分りません。

 

では、私たち消費者はシャンプー剤をどのように判断すればいいのでしょう。
2001年4月1日から厚生労働省の薬事法の改正とともに、化粧品にはその商品に使用されている成分をすべて表示することが義務付けられています。
シャンプー剤も例外ではなく、現在ではパッケージの裏に成分表が付いています。

 

成分表示が義務付けられたことによって、何を含んでいるのかが一目瞭然となりました。
ただ、一般の人にとって成分表は、見慣れない化学物質名がズラリと並んでいるので、それらがどういうものなのかがすぐに分かるかというと難しいのではないでしょうか。
ただし、自分に合ったシャンプー剤を見つける際の大きなヒントになるはずです。

 

たとえば、洗浄成分に何が使われているのか、それを把握することによってそのシャンプー剤の種類が分かるのです。
また、成分は含まれている量の多い順に表示されているので、洗浄成分はほとんど最初の方に書かれています。
シャンプー剤の善し悪しで一番重要な洗浄成分だけでも把握することは重要です。

 

 

主な成分

高級アルコール系シャンプー

ラウリル硫酸塩類、ラウレス硫酸塩類(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類)など

 

石けん系シャンプー

石けん素地、カリ石けん素地(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)など

 

アミノ酸系シャンプー

ココイルグルタミン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグリシンNa、ココイルメチルアラニンNa、ココイルサルコシンNaなど