薄毛は遺伝するという都市伝説は本当?!

薄毛と遺伝の関係

「親戚に頭の薄い人が多い」「父や祖父がはげている」と、あきらめている人が多くみられます。

 

ですが、本当に薄毛と遺伝は関係あるのでしょうか

 

男性で頭の毛が薄くなりはじめるのは、早い方で30代からくらいといわれています。
特に毛が薄くなる不安要素を持つ人は、30代に急激に毛が抜け始め、薄くなってしまう傾向にあるようです。

 

その理由は体の新陳代謝の低下毛髪自体の生成能力の低下です。
30代と聞くとまだまだ大丈夫、という印象ですが髪の毛の量のピークは女性は30代前半、男性は20代前半といわれていますので、髪の毛が減ってしまうのは当然ともいえます。

 

確かに、遺伝は不安要素の一つですが、決して遺伝だけが原因とは言い切れません。
なぜならばストレスや疲労、栄養素の偏り、生活習慣などによっても髪は薄くなってしまうからです。
100%遺伝が原因ということは、科学的にも証明されていることではありません。

 

つまり、遺伝の不安要素がない人でもはげてしまうこともあれば、親族に髪が薄い方が多い人でもはげないこともあるということです。
そしてケアする人と、まったくケアしない人で差が出てきてしまうことも事実といえます。
あきらめて何もしないでいると、確実に毛は減っていってしまうからです。

 

同年代の方を見て、焦ってしまう方もいるかもしれませんが、必要以上に焦る必要はありません。
これからのヘアケアでも薄毛は防ぐことができます。
まずはきちんとした知識と対処法を身につけることが大切です。